<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カギ編みの帽子、完成! | main | 森幸四郎のかすてら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
フェルメール展@東京都美術館
【JALマイレージバンクサイバーフラッシュ】の懸賞で
東京都美術館で開催しているフェルメール展のチケットがあたりました!

JALマイレージサイバーフラッシュでは以前アマゾンの商品券¥1000が当たったことがあり、
いつも欲しい物が当たり、すごく嬉しいです(^^)ありがとうございます!!

このチケット11/10限定で、本来なら休館日ですが特別にその日に入れるとのこと。
普段はすごく混んでいると思うのでラッキー。
最近テレビでもよくフェルメールの特集をしてたので予習?をして、友達と観に行ってきました。

フェルメール展チケット当選

フェルメール
「光の魔術師」「静謐(せいひつ)の画家」、そして「寡作の画家」。さまざまな異名を持つ17世紀オランダ絵画界を代表する巨星。残された作品はわずかに三十数点。それが世界中にちらばっていて、フェルメールの作品を観たいがために世界中の美術館巡りをする人もいるほど。今回、その作品の傑作7点が上野・東京都美術館に集まった。
(2008.6.27朝日新聞から一部抜粋)

7点もあつまるのは過去最多だそうです。その7点だけでは規模が小さすぎると思ったのか、フェルメールと同じオランダの町(デルフト)出身の画家の絵も集めて展示してありましたが、フェルメールを見てしまうと他の作品はかすんでしまうほどフェルメールの絵は存在感があり素敵でした。

絵から光がこぼれ出る感じ。 柔らかい感じ。

残念だったのは今回展示予定だった『絵画芸術』が作品保護のため出品不可になってしまったこと。
これ、楽しみにしてたんだけどな。あと『牛乳をそそぐ女』や『真珠の耳飾りの少女』もなかった。

それでもテレビ「美の巨匠」で取り上げていた『小路』(日本初公開)や
個人所有でなかなか目に触れることがなかった『ヴァージナルの前に座る若い女』(日本初公開)
大作『マルタとマリアの家のキリスト』(日本初公開)など見ごたえはありました。


話はフェルメールからそれますが、私、美術館に行くとかならず音声ガイドを借ります。
ヘッドフォンに機械がついていて作品の前でボタンや番号を押すと作品の説明をしてくれるもの。
説明を聞くと、ただ作品を見るよりより深く作品を理解できるような気がして必ず借ります。
今回ももちろん借りたのですが、そのシステムが新しくてビックリ!

フェルメール展ガイド¥500払うと、ヘッドフォンにつながっているタッチペンと作品が印刷されたA4サイズの紙(写真参照)を渡されます。今までは作品の前でボタンを押すとガイドが流れるのもがほとんどでしたが、これは作品の写真をタッチするとガイドが流れるっていうわけ。
その絵の前に立ってなくてももちろんOK。

赤く囲んだ部分をアップにすると・・↓↓↓

フェルメール展ガイド

オオーw(*゚o゚*)w なんか、すごくないですか?
時代はどんどん進化してるんだなーとビックリしてしまいました。
* 17:42 * comments(8) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
スポンサーサイト
* 17:42 * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
 この記事へのコメント
** にゃにゃ * 2008/11/12 1:38 PM *
                                
かずぴんさん、こんにちわ。
最近、いろいろな物が当たるみたいで、ラッキーですね。
タッチペンの話、初めて伺いました。
すごいですね。
私も早く、経験してみたいです〜。
** ハロン * 2008/11/12 5:47 PM *
                                
あ〜、東京行った時にいっときゃ良かった〜。。
時間あれば行こうと思ってたんだけど、いかんせん時間がなかったです。。。

もう7〜8年前になりますか・・・
大阪にフェルメールの絵画が来た時は、
行ってきました!
1時間半待ちでしたが・・・(TOT)

確かに、フェルメール見ちゃうと、
他の絵画が目に入らない・・・

やっぱり行っておけばよかったと悔やまれます。。(TOT)
** もも * 2008/11/12 10:58 PM *
                                
私も結構、絵とか見に行くの好きで、ちょっと興味のある
作品が来た時は美術館に見に行ったりしとったんだけど、
映画同様、最近はちょっとご無沙汰。(;´∀`)

ちょっと前に、ジミー大西展があって、たまたま出かける
用事があったからついでに見に行こう、と思いつつ
結局行かんかったんだけどね。(笑)
んじゃ、書くなよっ!よね。あはは・・・。

音声ガイドって私借りたことないんだけど、あった方が
同じ見るんでも面白いだろうね〜。
私が知ってる限りじゃ、ウォークマンみたいなのだったと
思うけど、ホント時代は進化しとるのね〜〜。
取り残されそうだわ!(;´∀`)
** ケセラ * 2008/11/13 4:08 PM *
                                
光の魔術師フェルメールって最近TVで観たよ〜
絵画展向けにやってたんだね♪

たまに美術に触れると鈍ってた右脳が活性化して
芸術に敏感になる感じがします。
手軽なところで、映画館で映画鑑賞もその一つに
してるんだけど、最近めっきり冷え込んできたので
どんどん出不精になってきたかも。

懸賞当たってよかったね♪
** かずぴん@管理人 * 2008/11/13 5:12 PM *
                                
★にゃにゃさん
コメントありがとうございます。今回はちゃんとコメントができてよかった!
また何かトラブルがあったら遠慮なく言ってくださいね!

はい、最近結構いろんなものが当たります。
こうやってちまちまと運を使ってしまってるってことでしょうか(苦笑)

このタッチペンのシステム、はじめて導入されたそうです。
どこの展示会でも使っているわけではないらしいので、見かけたときはラッキーかも(^^)
** かずぴん@管理人 * 2008/11/13 5:17 PM *
                                
★ハロンさん
どんな観光地でもそうですが、そこにある名所を見ることだけで手いっぱいで、
よほど目的意識がないと、その場所でやっている展示会やコンサートなどを見ることって
できないですよ、やっぱ。残念でしたが、東京見物は十分できたのでは?(^^)

大阪でやったときは一時間半待ちっ!?東京でもきっと普段はそうなのかもしれませんが
今回は招待客だけの特別開催日だったので本当にじっくりと見ることができラッキーでした♪
** かずぴん@管理人 * 2008/11/13 5:23 PM *
                                
★ももさん
私も絵を見るの好きだけど、電車乗り継いで自分でお金払ってわざわざ・・っていうのは、
よっぽど大物でなければ行かないよ。あっ、フェルメールはお金出してもいい大物だけどね。

ジミー大西展、私も一度行ってみたいって思ってたの!どうだった?どうだった??
って聞こうと思ったら、おいっ!いかんかったんかいっ(爆)

そうそうウォークマンは顕在だけど、ヘッドフォンの先にはタッチペンがついてて、
そのペンで渡された紙をタッチすると音声が流れるなんてビックリだよ、まったく。
紙、透かしてみちゃったもん(笑)
** かずぴん@管理人 * 2008/11/13 5:27 PM *
                                
★ケセラさん
そうなんだよ、最近よくテレビで取り上げてるから私も2つくらい番組見て予習しちゃった。
芸術に触れると豊かな気持ちになるけど映画も展覧会もなかなか行くきっかけがね(^^;;;
寒くなるとなおさら・・・っていうの、わかるわぁ〜。
私もこの寒空の中、買い物で外に出ると思うだけで結構憂鬱です(笑)
 コメントする?
* この記事にまったく関係ないコメントは、管理人の判断で非表示または削除させていただく場合もございます
  なお記事には関係ないメッセージは直接メールをいただければお返事いたします






チェックを入れるとコメント欄の下にプレビューが表示されます

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

 この記事のトラックバックURL * トラックバックは管理人が承認するまで反映されません *
http://kazkaz.jugem.jp/trackback/652
 この記事のトラックバック