<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日のマザーリーフ【9日目】 | main | 衝撃!!DS美文字トレーニング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
クライマーズ・ハイ
横山秀夫の本が好きで、だいたい全部の本を読んでます。
その横山秀夫原作の『クライマーズ・ハイ』が映画化されたので、さっそく見に行きました
クライマーズ・ハイ・・・・登山中に興奮状態が極限にまで達し、恐怖感が麻痺すること。

正直言って、私はあまりいい映画だとは思えなかった。

横山秀夫の本はひとりひとりの登場人物の描写がすごく細かくて、そこに実在する人物のような錯覚すら感じる。だからこそ、読者はいろんな人物に感情移入にしその物語にぐいぐいと引き込まれる。
ある意味、登場人物がそれぞれ主役なのである。
しかし、必ず主役がいる映画という媒体を通してしまった時、その横山秀夫の作品のよさというものは、どこまでクリアに表現されるだろうか。やはりムリが出てしまったのではないか。

登場人物一人一人に、もっとスポットを当てるのかと思ったら、やはりメインは悠木(堤真一)。
そしてこの映画が伝えたいことが
昔群馬でおきた事件に栄光にすがっている北関東新聞の幹部記者と現役記者とのバトルなのか、
販売と社会部記者とのバトルなのか、
あんなにたくさんの犠牲者を出した日航機ジャンボの墜落の悲惨さなのか、
悠木と息子とのわだかまりが解消されることなのか・・・・焦点がしぼれない。

そして、カメラがぶれながら記者たちの間を動く映像。
緊迫した状態を出す効果かもしれないが、すごく見ずらい映像で、私的にはNG。

2005年に悠木役を佐藤浩市でドラマ化したことがある。まだそちらの方が、おもしろかったように思う。

横山秀夫の原作ってもっと感動したような気がする。もう一度原作を読みたくなった。
* 12:03 * comments(8) * trackbacks(10) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
スポンサーサイト
* 12:03 * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
 この記事へのコメント
** みかまま☆ * 2008/07/12 1:49 PM *
                                
こんにちは。
かすぴんさん、観に行かれたんですね。

本と映画ってどうしても想像してたよりも劣るというか・・「こんなものだったかな・・?」って感じが多い様な。
私も本を読んでから映画を観る事が多く、自分の想像としてた物とはかけ離れている事がしばしば。

「失楽園」と「愛の流刑地」は想像より綺麗でした。

あ☆「崖の上のポニョ」、試写会に行ってきました。
可愛く、色が綺麗な素敵な映画でした。
子供が釘付けでしたよ。
でも今回は子供向けの映画でしたよ。
** じゅき * 2008/07/12 3:30 PM *
                                
こんにちわっ
映画観にいかれたんですね
実は この映画 すごぉく気になっていた作品でした
映画が先か 原作本が先か どっちにしようかなぁ〜と
うん。。。本で で いきましょか
映画館もほんと 遠のいているよなぁ〜 としみじみ。。。
あっ リンクありがとうございます
恐縮ですぅ これからもよろしくおねがいします
じゅきも リンクさせていただきまぁすっ☆彡

** もも * 2008/07/12 9:21 PM *
                                
かずぴんさんてホンマ本が好きなんだねぇ。
で、解説もわかりやすいっ!!

「クライマーズ・ハイ」は本で読もうと思ったけど、
あの日航機の墜落の事なのかぁ〜、とやめたの覚えとるんだけど
内容はより複雑?だったのね。

私もあの臨場感を出すためのカメラのぶれってダメ。(;´Д`)
酔っちゃうし目が回るし。

** かずぴん@管理人 * 2008/07/13 12:46 PM *
                                
★みかまま☆さん
ダンナは興味がないというので、ひとりで見てきましたよ(^-^)
うーん、ダウィンチコードなどは本も映画もよかったので、映画(映像)には映画のよさ、
本(原作)には本のよさがあると思うので、一概に「映画はガッカリ」とは私は思わないのですが、
今回の作品は、原作の方がよかったように思います。

ポニョ、この映画の予告編でも宣伝していましたが、
子供が歌う、あの下っ足らずの歌声が耳について離れません。どうにかしてぇ〜(笑)
** かずぴん@管理人 * 2008/07/13 12:49 PM *
                                
★じゅきさん
うちは映画館まで歩いて5分なので、1000円で見られる日がヒマだと見に行きます。
でもこの映画、泣けたけど、うーん、個人的には、なんかちょっと違うんだよな(^^;;
個人差はあると思いますが、本を読むことが好きなら、原作を先に読まれることをオススメします
** かずぴん@管理人 * 2008/07/13 12:56 PM *
                                
★ももさん
本を読んだ感想をこのブログに書くのは、感想文を書くのと同じなので、結構しんどくて、
なかなか記事にしないのですが、本はよく読みます。それなのに「解説がわかりやすい」って
褒め言葉いただけて、嬉しいです。ありがとう。

関係ないかもしれないけど映像のブレって話、これってゲームにもあって、昔ファミコンの時代は
2次元の世界だから大丈夫なんだけど、スーファミやプレステなどゲーム機が高度になると、
ソフトの画像もますますきれいで3次元になり、すごい気持ち悪くなって酔っちゃうの。
で、ゲームしたいのに出来ないっていうソフトが何本かありました(^^;;

ゲームといえば、おい森どうですか?あまりハマらなかったですか?(^^)
** もも * 2008/07/13 6:17 PM *
                                
そうそう、おい森!!
はまらんかったと言うより、ロジックに負けたって感じ!(笑)

もうね、毎日毎日ロジック三昧で、右肩がエライ事に・・・。
痛くって・・・。(T▽T)

そのうち行くとか言ってたのにね。(;´∀`)
部屋を広くするまではやったんだけどね〜。(笑)
** かずぴん@管理人 * 2008/07/13 10:04 PM *
                                
★ももさん
おい森、ロジックに負けましたか(爆)
交流するとタヌキチのお店がデパートになったり、相手の村の動物からメールが来たりと
さらにおい森の世界に面白みが増すのに、残念デス。
私の方は義理の妹、その母、その友達、甥っ子まで巻き込んで、おい森にハマってます。
ロジックブームが去り、おい森をする余裕ができたら、いつでもお声をかけてくださいね!(^^)
 コメントする?
* この記事にまったく関係ないコメントは、管理人の判断で非表示または削除させていただく場合もございます
  なお記事には関係ないメッセージは直接メールをいただければお返事いたします






チェックを入れるとコメント欄の下にプレビューが表示されます

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

 この記事のトラックバックURL * トラックバックは管理人が承認するまで反映されません *
http://kazkaz.jugem.jp/trackback/526
 この記事のトラックバック
クライマーズ・ハイ
舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!  
| Akira's VOICE | 2008/07/12 4:35 PM |
クライマーズ・ハイ
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:原田眞人 キャスト:堤真一       堺雅人       尾野真千子       高嶋政宏       山崎努       遠藤憲一、他 ■内容■  1985年8月12日、 乗員乗客5
| ★試写会中毒★ | 2008/07/13 12:06 PM |
クライマーズ・ハイ
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! 今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。 日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すことも
| Thanksgiving Day | 2008/07/14 1:16 AM |
クライマーズ・ハイ
試写会で観ました。 1985年8月12日、 群馬県の地方新聞社・北関東新聞社の遊軍記者で、 翌日の朝刊作りに追われていた悠木和雅は、 19:36分発の電車で谷川岳に向かう予定だった。 目的は過去780人もの死者を出している難所・衝立岩へのアタック。 パートナーは
| 映画、言いたい放題! | 2008/07/14 11:20 PM |
映画「クライマーズ・ハイ」
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、 死者520人の大惨事が起こった。 前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、 一匹狼の遊軍記者・悠木和雅(堤真一)が全権デスクに任命される。 そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が
| happy♪ happy♪♪ | 2008/07/15 9:03 PM |
『クライマーズ・ハイ』
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、
| 京の昼寝〜♪ | 2008/07/16 12:45 PM |
【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/07/19 3:02 AM |
『クライマーズ・ハイ』
18:30スタートの試写会って仕事後に行って間に合うのか、すごく焦ります。 昨日は一ツ橋ホールに堤真一主演の『クライマーズ・ハイ』を観に行ってきました。 1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。
| cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/07/19 9:20 AM |
クライマーズ・ハイ(2008年、日本)
 この映画は、ギャオの株主優待の試写会で観ました。 監督:原田眞人出演:堤真一、
| 泉獺のどうでも映画批評 | 2008/07/24 9:31 AM |
クライマーズ・ハイ 見てきました。
 代休をとって映画三昧!と思っていたのですが、暑くて出かける気にならなかったので夕方から。。。と言うわけでクライマーズ・ハイを観てきました。
| よしなしごと | 2008/08/02 7:25 PM |