<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 任天堂とNTTが事業提供 | main | 神宮外苑のイチョウ並木の紅葉 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
椿三十郎
JUGEMテーマ:映画

かずぴん勝手にオススメ度:★★★★(4点)

椿三十郎、公開初日、それも一番最初の回に見てきました見る

はじめに言っておきますが
私は織田裕二大・大・大ファンです。当然、ひいき目です。

そんな私でもマゲした織田裕二はいかがなものか・・と心配していましたが
大画面でアップになった姿は、気絶しちゃいそうなほどかっこいい!!揺れるハート

これだけでもファンとしては見てよかったぁ〜って感じなのですが
映画の内容も、なかなかの出来栄え。時代劇というより娯楽映画としてとても楽しめました
この映画は黒澤明監督作品のリメーク版。
監督は違うけれど、脚本は45年前の黒澤版と同じ黒澤明・菊島隆三、小国英雄の3人が共同で書いたものをそのまま使っているとのこと。つまりセリフまわしは三船敏郎が主演したものと同じ。

しかし、同じ脚本でも、セリフの間を大切にしたり殺陣をじっくりみせた点で前作より20分も長くなっていて、さらに前作主演の三船敏郎版では威圧的なリーダー像を出していたのに対し、今回は協調型に演出したそうです。

古い映画のリメークなのに、それも脚本は昔のを使っているのにもかかわらず、2007年の今みてもちっとも古臭さや違和感を感じることなく楽しむことができたのには、正直言って驚きました。

織田裕二版の椿三十郎がよかったので、どうしても最初の三船敏郎版の椿三十郎を見たくなります。特に、今回のように脚本まで同じだというならなおさら。
どちらがいい、悪いという評価ではなく、役者と監督が違うとどういう風に変わるのか、それが見てみたいです
* 15:55 * comments(2) * trackbacks(9) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
スポンサーサイト
* 15:55 * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
 この記事へのコメント
** Hiji-kata * 2007/12/07 6:05 PM *
                                
織田裕二、熱演でしたね。
レビューもまた 情熱的で素敵です(^^)
“トラバ”させて頂きます。
** かずぴん@管理人 * 2007/12/07 6:54 PM *
                                
はじめまして。コメントそしてTBありがとうございます。
hiji-kataさんのブログ、読ませていただいて、映画に対する情報や考察が深く驚きました。また遊びに行かせていただきます。ブログ読んだら、三船敏郎の「椿三十郎」のDVD、ますます見たくなりました(^^)
 コメントする?
* この記事にまったく関係ないコメントは、管理人の判断で非表示または削除させていただく場合もございます
  なお記事には関係ないメッセージは直接メールをいただければお返事いたします






チェックを入れるとコメント欄の下にプレビューが表示されます

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

 この記事のトラックバックURL * トラックバックは管理人が承認するまで反映されません *
トラックバック機能は終了しました。
 この記事のトラックバック
椿三十郎
何をやっても文句が出るであろう黒澤明作品のリメークに、挑戦した気概は買う。だが、見ている間はそれなりに楽しいものの、後には何も残らない。物語は、陰謀を阻止しようとする若侍たちを、型破りな浪人が助ける痛快時代劇だ。ラストの決闘を除いて、黒澤本人の脚本を
| 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2007/12/03 8:10 PM |
ふたつの「椿三十郎」
  外の異変を察知した瞬間、それまで “寝ぼけたホームレス”にしか見えなかった男の眼が 鋭く光った。           ◆  ◆  ◆         第一章  蛮勇のリメイク               
| ◆赤ひげ純情日記 | 2007/12/07 6:07 PM |
【2007-173】椿三十郎
人気ブログランキングの順位は? 藩の不正・汚職を正すため 立ち上がった九人の若い侍が、 ”茶室の三悪人”の罠に堕ちた・・・。 絶体絶命の危機を 一人の浪人が救った。 この男、 時代を超えて生きている。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/12/09 6:37 PM |
椿三十郎
痛快さは足りないが, リラックスして入り込める世界観は魅力。
| Akira's VOICE | 2007/12/10 10:36 AM |
◆椿三十郎
 最後に、なんで〜〜衝撃の場面に、思いがけず、泣いてしまいました。織田裕二さんと、豊川悦司さんの演技があまりにも、リアルだった。 久しぶりに映画館に行ってきました! 市内中心街の映画館がまた1つ閉鎖したので、駅前からバスを乗り継いで、ベルモールの新し
| 江戸川心歩・傑作娯楽小説全集 | 2007/12/11 3:11 PM |
『椿三十郎』
□作品オフィシャルサイト 「椿三十郎」□監督 森田芳光  □原作 山本周五郎(「日日平安」ハルキ文庫刊) □脚本 菊島隆三・小国英雄・黒澤明□キャスト   織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、佐々木蔵之介、村川絵梨 ■鑑賞日 
| 京の昼寝〜♪ | 2007/12/12 5:21 PM |
映画「椿三十郎」(2007年、日)
     ★★★★☆  黒澤明監督、三船敏郎主演の痛快娯楽時代劇 「椿三十郎」(1962、日)を オリジナル脚本を使い、 森田芳光監督がリメークした。  独自の演出もあり、 上映時間はオリジナル(96分)より20分以上長いものの、 けして冗長にならず、面白
| 富久亭日乗 | 2007/12/19 8:14 AM |
椿三十郎
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:森田芳光 原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊) 脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明 古い社の中、自藩の不正を正そうと集まった9人の若侍。城代家老の睦田に相談を持ちかけるも軽くあしらわれてしまった
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2007/12/30 11:05 PM |
椿三十郎 <ネタバレあり>
 とっても普通でした(笑) ま、織田裕二ファンの方は必見ですな彼がとってもカッコいいので ワタクシがファンなら2回は観に行くなたまたま偶然に出会ってしまった浪人と9人の若侍。若侍達にとってはラッキーな出会いやったやろーし、(出会ってなかったら 全員斬
| HAPPYMANIA | 2008/01/08 3:52 AM |