<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 蜂の家のカレーパン | main | マイカップヌードルファクトリー体験談 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
RAILWAYS〜愛を伝えられない大人たちへ〜
公開前は観る予定はなかったんですが、
テレビでの番宣を夫婦で観ていたらなんとなく観に行きたくなったのがこの映画です。

RAILWAYS〜愛を伝えられない大人たちへ〜

土曜日のレイトショーで観に行きましたが、想像どおり、周りは年配のカップルが多かったですね。
私たちも十分年配ですが、50代、60代の方が多く見られました。

意外だったのは、男性一人で観に来ている人も結構多かったこと。
この映画を観て、奥さんへの接し方とかを考え直したり、思ったりすることもあるんでしょうね。

映画を観て思ったのは、
夫婦で自分にとっての一大事を、相手に伝えないということが起きてしまった時点で
その夫婦はすれ違いが始まるのかなって思った。

映画の中では妻は、自分ががん検診で再検査になったことを夫に伝えずにいる。
そして再検査でガンでなかったことがわかってから、
娘にはその事実を告げているのに、やはり夫には話さない。

・・・私は、もうこの時点で夫婦として一緒にいる意味がないって思った。
というか、私には絶対に秘密にするってことができない。

そういう意味では
『夫婦で隠し事をしない』 『相手が何でも話やすい関係を築く』
っていうのが、私たち夫婦の子供がいなくても20年続いた円満の秘訣かなって思いました。

途中、夫が運転している電車で病人が発生し、その担当が看護師の妻だったとき
妻が急な崖をよじ登り、電車にいる病人の看病をしているところを夫が見たことが
この夫婦の転機だったように思う。

看護師という仕事をする妻を目の当たりにして
専業主婦だったという自分の身の回りをしてくれる妻という女ではなく
責任ある仕事を持つ自分と同じように社会で働いている一人の人間として観たときに
夫婦としてこれからの人生を歩んでいけることができるんだと思う。

観て、決して面白いっていう映画ではないけれど、冷めきった関係になってしまった夫婦は
ぜひ2人で観るといいと思います。 (個人的評価:★★★☆☆)

余談ですが、
看護師の妻が看護するおばあちゃんと妻との会話で
『夫と思うから腹が立つ。 ”お”じゃなくて”ペ”と思えばいい
             (おっと、でなく ペットってことです)』っていう言葉が印象的でした。

あと、”小田”役の”中尾明慶君の笑顔に癒されます。
* 00:01 * comments(4) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
スポンサーサイト
* 00:01 * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
 この記事へのコメント
** Яiйgo * 2011/12/05 2:40 PM *
                                
早速観てこられたんですね〜!
結構かずぴんサンご夫婦も映画鑑賞されてますよね^^
私達はたまぁ〜〜〜に(年に1〜2回)観に行く程度かなw

夫婦の絆。 深い言葉ですよねー。
我が家も隠し事は一切ないので、私もかずぴんサン同様
なんでも話し合えることが、夫婦円満の秘訣なのかなぁ?って思います。
他愛ないことであっても、「会話」って大事ですしね。
まだ(?)冷めきった夫婦にはなってませんが(笑)、この映画
観てみたいです!!(レンタル出てからwww
** まりり * 2011/12/06 12:23 AM *
                                
私もCM見て、この映画気になってました。
自分とこも、かずぴんさんと同じく、秘密は一切なしでなんでも話す夫婦です。
だから、うまくやっていけてるのかなぁ〜 って。
この映画、両親に観てもらいたいです(-_-;)
勧めとこ・・・。

おっとじゃなくて、ペットですね(^_-)-☆
年下の旦那さんだからよけいにそう思うのか、
すでにペットと思って過ごしてます(^_^;)
** かずぴん@管理人 * 2011/12/06 3:43 AM *
                                
★りんごさん
あはは!レンタルが出てから見たいですか(^^;;;でもそれでもいいかも(笑)
大画面で見ても迫力があるわけでもないし・・・・

映画館(シアター)が家から歩いて10分くらいにあるんです。
好きな座席をインターネットで予約し、支払いもネット上でカード払いで終了。
映画6本みると1本無料になるポイント制度もあるしで、見たいなって思うと
すぐに予約しちゃいます。ただし、1000円で観られる1日とか私だけなら水曜日の
レディースディか、そのどちらでもなければ、翌日が休みの日のレイトショーで¥1200。
12時過ぎても10分で帰ってこれるのでラクちんだし・・・
こんなに映画館が近くなければ私はテレビでやるまで我慢すると思います。

夫婦の形ってそれぞれ。
だけど自分の思ったことをためないで伴侶に話すっていうのが一番大事だよね。
嬉しかったら「嬉しい♪」嫌な気分になったら「そういうの、イヤ」って言いたい。
お互い気持ちを言えるような雰囲気の家庭にしておかないとダメかなって私は思います。
** かずぴん@管理人 * 2011/12/06 3:49 AM *
                                
★まりりさん
まりりさんのところも、なんでも話をするご夫婦なんですね!
我が家と同じく仲良しなんでしょうね♪ (〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ
まりりさんのご両親は60代後半とか70代くらい?
まさに前宣で「この映画を観てください!」ってターゲットになってる世代では?
ご両親観たら、きっと何か感じるものがあるかもしれませんね。

あはは!
腹が立ったらペットと思えってセリフでしたが、すでにペットですか?(爆)
 コメントする?
* この記事にまったく関係ないコメントは、管理人の判断で非表示または削除させていただく場合もございます
  なお記事には関係ないメッセージは直接メールをいただければお返事いたします






チェックを入れるとコメント欄の下にプレビューが表示されます

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

 この記事のトラックバックURL * トラックバックは管理人が承認するまで反映されません *
トラックバック機能は終了しました。
 この記事のトラックバック