<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Ring Ring Ring!(リンリンリン!) | main | 10月のガン治療(6回目) ¥85,960 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
猿の惑星:創世記(ジェネシス)
久しぶりに、いい映画、面白いと思えた映画を観ました。

【猿の惑星:創世記(ジェネシス)】

ご存知、猿の惑星がどうしてできてしまったのかをみせる作品。
物語の設定に変な無理がなく、素直に映画の中に入っていけて、
観終わった後も、何か心に残すものがある、とてもいい作品でした。

私たち人間は”猿”というと、頭はいいけれど人間より劣るもの・・・というイメージがあります。
映画の中の”猿”は、チンパンジーやオラウータンやゴリラですが
それでも人間よりは下という無意識の評価があります。

それが・・・・人間の手によって”知恵”を授かったことで認知症の老人より賢くなり
それなのにペット扱いをされ、いや、収容所ではペット以下の扱いを受けることが
どれほど悲しく、つらかったでしょうか。

そして、頭がよくなっても仲間がいないということの悲しみ、弱さ。
同じチンパンジー達は、薬の作用がないので”本来の猿”で、何かをしたいと思っても何もできない。
ところが、研究所から薬を持ってきて猿たちに撒くことで猿の仲間も人間のような知能を持ち始める。

そして収容所を逃げ出し、人間と対決する。

知能は人間より低かった猿が人間、いや、それ以上の頭脳を持つことで
動物としてのチカラ(腕力)もあるし、武器を使っても人間は太刀打ちできない。

映画の中で主人公の猿『シーザー』が言葉を発する。

やめろ・・・

これほどゾクッっとしたことはない。
猿が言葉をしゃべる・・・人間に近づく・・・人間との差がなくなる・・・

しかし、それ以上に私がゾクッとしたのは
橋の上での人間と猿との戦いで、ゴリラがシーザーを守るために身を挺して
銃弾攻撃をしてくるヘリコプターに突撃するところ。

これって、いわゆる、自己犠牲 ですよね。

自分を犠牲にしてでも何かを守る・・・・そんな人間的な感情が
こんな短時間に猿(ゴリラ)から湧き出てこようとは!!

なんかシーザーが言葉を発したシーンよりゾクッ!ってしました。

うまく言えませんが、この映画は見ても損はしないと思います。
とても面白かったです。   ★★★★★
* 20:10 * comments(0) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
スポンサーサイト
* 20:10 * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
 この記事へのコメント
 コメントする?
* この記事にまったく関係ないコメントは、管理人の判断で非表示または削除させていただく場合もございます
  なお記事には関係ないメッセージは直接メールをいただければお返事いたします






チェックを入れるとコメント欄の下にプレビューが表示されます

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

 この記事のトラックバックURL * トラックバックは管理人が承認するまで反映されません *
トラックバック機能は終了しました。
 この記事のトラックバック