<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 箱根・仙石原高原のススキ草原 | main | SAで食す【B1グルメ】足柄まさカリー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
ゴッホ展
2010年10月〜12月20日まで六本木の国立新美術館で開催されている
没後120年 ゴッホ展 〜こうして私はゴッホになった〜】に行ってきました。

ダンナを誘ったんですが、案の定、『混んでるからイヤ』というつれない反応(-。-)
それに興味はないというので、昨日に引き続き今日も一人でおでかけです。

国立新美術館って初めて行ったんですが、地下鉄千代田線の乃木坂駅に直結してるんですね。
途中、屋外を20メートルくらい歩くので雨の日は傘が必要ですが、晴れていれば便利。

国立新美術館外装この美術館、ものすごくオシャレな建築物で驚きました。
こんなに曲線がいっぱいある建物も今は作れるんですね。



国立新美術館内部2階から1階のカフェスペースを撮った写真ですが、お茶をしたくても満席で座ることもできませんでした(苦笑)

2階、3階には宙に浮いたように見えるスペースがあり、レストランになっています。

さてさて、肝心のゴッホ展。
チケット売り場から混雑してるかなーと覚悟してたんですが、
平日だからか、はたまた1時という時間のせいなのか、すぐに買えました。
当日券¥1500円ですが、ゴッホ展のHPから割引券をプリントアウトすると100円引き。
これから行く人は忘れずに(^^)
 
ゴッホ展リーフレット表ゴッホ展リーフレット裏

チケット売り場は混んでいませんでしたが、会場内はかなりの混雑。
1枚の絵の前でゆっくりと観賞・・・って感じではなかったです。
音声ガイドを使ったのですが(¥500)、これを借りるのに少し並びました。

ゴッホ、私、好きな画家の一人です。
その割にはゴッホというと”ひまわり”しか、すぐに浮かばず(^^;;
黄色のイメージがあったのですが、最初からそういう画風だったわけでなく、
最初は暗くてジメッっとした作風なんですね。初めて知りました。

展示会ですが、ゴッホの作品だけでなく、ゴッホが影響を受けた画家の作品も展示されてて
ゴッホだけを見たい人にとっては「うーん」って感じでした。
私も「うーん」って思った一人。乗る気じゃないダンナを無理に誘わなくてよかったぁ〜

ゴッホの作品ゴッホ展を出たところに、お土産屋さんが併設されていて、
みなさん、思い思いにいろんなものをお買い上げ。

感動が少なかった私ですが、
唯一『素敵だな』って思えた<サン=レミの療養院の庭>の
ポストカードを買ってきました。
こういう色遣いが明るくて私は好きです。
(画像をクリックすると大きくなります)

ゴッホ展のあと、近くにある東京ミッドナイトや、六本木ヒルズを散策する予定でしたが
相変わらずスタートが遅く(だって会場着いたの1時だもん)、
展示会もずっと立ちっぱなしで疲れたので、すぐに家に帰っちゃいました。

東京ミッドナイトや六本木ヒルズはイルミネーションがキレイなことでも有名なので
12月に行ければ行ってみたいなって思ってます。
今度も一人かっ?!(笑)
* 17:59 * comments(4) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
スポンサーサイト
* 17:59 * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
 この記事へのコメント
** もも * 2010/11/13 10:45 AM *
                                
ゴッホってさ、顔の横に包帯巻いてる自画像あるじゃん。
あれって、自分で耳ちぎった?か削いだんだよね!!
でさ、代表作のひまわりも1枚じゃないんだよね!

って、これが私のゴッホについて知ってること。(笑)

私も美術館行くの好きなんだけど、最近はあんまり
コレってのが来なくてご無沙汰しとるよ。(苦笑)

ダリの作品が来たら見てみたいんだけどね〜。

後はダマシ絵みたいなのも好き♪

って、いやぁぁ〜〜〜〜ん!!今来た!!(笑)
かずぴんちゃん、ありがと〜〜〜〜〜♪
** かずぴん@管理人 * 2010/11/16 12:58 AM *
                                
★ももちゃん
そうそう、自分の耳を切ったのがゴッホ。
私が今回買ったポストカードの絵は、その耳切り事件のあと精神を病んで
療養のために入った<サン=レミ療養院>の庭を描いたものなんだよ。

ももちゃんはダリが好きなんだ。ダリってだり?・・・(-。-;;;
どんな絵が有名?検索して絵をみてみたけれど
”柔らかい時計”をみたことがあるような、ないような・・・年代的には現代画家なんだね。

>って、いやぁぁ〜〜〜〜ん!!今来た!!(笑)
いえいえ、どういたしまして。
土曜日はどんな一日だったのかな?記事楽しみにしているよ
** ミヤママ * 2010/11/16 11:16 AM *
                                
ゴッホといえば・・・あ〜そうだ、そうだ「ひまわり」だ。
つう程度の知識しかない私です(・・ゞテヘ
ゴッホはなぜに耳を切っちゃったのですか?
エッ?もしかして有名な話ですか?
かずぴんさん宅のケチャップ画伯。
画伯なのに興味ないなんて
もしかしてライバル視してるのではw(゚o゚)w
** かずぴん@管理人 * 2010/11/17 4:10 PM *
                                
★ミヤママさん
今回のゴッホ展。
ゴッホといえば「ひまわり」なのにその「ひまわり」が展示されていなかったから
今一つに思えたのかも。やっぱり有名な絵のホンモノを見たいですよね。

うん、耳切り事件は有名だよ。ゴッホがアルルで画家同士の共同生活をしたくて
いろんな画家に呼びかけたけど、誰も反応してくれず、唯一、賛同してくれたのが
ゴーギャン。で、彼との共同生活が始まったんだけど、彼の画風とゴーギャンの
画風が全然違うんだよ。ゴッホは現実見たままを描きたいのにゴーギャンは
対象物を見なくても描いてしまう。どっちがいいとか悪いとかではなく芸術家同士
どちらもゆずれなくて、ゴッホも精神的におかしくなってしまい耳を切る。
いろんな説があり、いろんな捉え方があるみたいだけど、こんな感じです。
それがキッカケでゴッホは精神を病み、最後は自殺しています。

あはは!ケチャップ画伯、ゴッホをライバル視?!そうかも・・・(笑)
 コメントする?
* この記事にまったく関係ないコメントは、管理人の判断で非表示または削除させていただく場合もございます
  なお記事には関係ないメッセージは直接メールをいただければお返事いたします






チェックを入れるとコメント欄の下にプレビューが表示されます

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

 この記事のトラックバックURL * トラックバックは管理人が承認するまで反映されません *
http://kazkaz.jugem.jp/trackback/1284
 この記事のトラックバック