<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日のケチャップ画伯 | main | 和のねんりん家 和菓子の芽 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
ちょっと早いけど父の日のプレゼント
今日は実家へ日帰りで帰省してきました。
弟夫婦とも日程をあわせ、家族7人が実家に大集合。

家にこもってばかりの父を、たまには観光地にでも連れていってあげたいねって
弟たちとも話をしていたんですが、父いわく

『 まだとても行楽する気分になれない 』

そう言われちゃうと無理して連れ出すわけにもいかず、
買い物好きな父のために、家族みんなでディスカウントショップとイオンにお買いもの。
こんな天気のいい日に買い物なんかしなくても・・・って思うけど
父はいろんなものを買い込んでいたので、少しはストレス発散になったかな(^^)

あと散歩用の靴が欲しいというので、ちょっと早いけれど父の日のプレゼントで
ニューバランスのウォーキングシューズをプレゼントしました。
ニューバランスは幅広の靴が多く(父が買ったのも4E)、
普段、ブランドなんか気にせず、適当に安いスニーカーを買っていた父は
「すごく履きやすい」と大喜び。いい親孝行ができました(^^)。

夜は実家でしゃぶしゃぶ。
普段は父と弟で2人きりの食卓なので、たまには賑やかなのもいいよね。
だけど、父はやっぱり言葉少なめ。口をひらけば「母さんが・・・母さんが・・・・」
まだまだ母の死を受け入れることができないようです。

こういう風に書くと「あたりまえですよ」ってみなさんにお叱りを受けそうですね。
でもあえて言わせてもらえれば、
悲しむなとは言わないけれど、もうそろそろ母の死の悲しみから抜け出す”努力”をして欲しい。
どんなに悲しんでも母は生き返らないし、父はまだまだ生きていかなければならないのだから
生きる喜びを見つける”努力”をして欲しい。
* 23:58 * comments(10) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
スポンサーサイト
* 23:58 * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
 この記事へのコメント
** シュフ * 2010/05/06 9:35 AM *
                                
お父様、幸せですね。娘さんや息子さん夫婦がこんなにも
気遣って心配してくれて・・・
でも今はそのことに感謝したり、かずぴんさんたちのためにも
早く元気出さなきゃ・・・とまでは、まだ思えないのかもしれないですね。

かずぴんさんも書かれている通り、
配偶者を亡くしたものでなければ分からない喪失感はあるでしょうし
今の状態はきっと「当たり前」なんだと思います。
でもそれを心配し、早く立ち直ってほしいと思うのもまた「当たり前」。
でもお父様はひとりぼっちじゃないし、こうやってかずぴんさん達が
ちゃんと心に寄り添ってついていてくれるから
きっとそれに気付く日が来ると思いますよ。
周りの気持ちと自分(お父様)の気持ちがリンクしないと
やっぱりいい方向に向いていかないと思うので
もう少し時間はかかるかもしれないけど、でもそんな遠くはない気がします。
かずぴんさんもご心配でしょうが、頑張ってくださいね。
** ゆず * 2010/05/06 3:39 PM *
                                
そっか・・お父様、まだまだ行楽地に行く気分にはなれないのですね・・。
でもお買い物には行けたようでよかった!
いろんな物を見て、欲しいという前向きな気分を持っていろんな物を
買われたんだろうし、散歩用の靴が欲しいということは、外に出るお気持ちを
持っておられるご様子。
お気に入りの靴を履いて外に出て、少しずつ気持ちが明るくなっていかれると
いいですね。

悲しみから抜け出す気持ちになるために必要な時間は人それぞれでしょうが・・
私もお父様が今の気持ちから “抜け出す努力” (すみません、そのままの
言葉使わせていただきました)をなさる気持ちになる日が来ることを
願っております。
** かずぴん@管理人 * 2010/05/06 5:51 PM *
                                
★シュフさん
優しいコメントをありがとうございます。
5/1でちょうど母が亡くなり半年。もうそろそろ元気を少し取り戻してって思うんですがなかなか。
立ち読みをした本に配偶者を亡くした人の精神的ケアのことがかいてありましたが
長い人で10年以上も悲しみから抜け出せない人がいるそうです。
10年・・・・父が10年も今の状態が続いたらどうしようってゲッソリしてしまいました。
悲しみから立ち直るのに一番いいのは、やはり人との交流なんだそうです。
いろんな人と話をして、悲しみ以外にも世の中には楽しいこともあるってことに
気がつかないといけないそうです。私の理想だけをいえば、父が地域のサークルなどに入り、
いろんな人と話をして、生きる張り合いを見つけて欲しいなって思います。
** かずぴん@管理人 * 2010/05/06 5:58 PM *
                                
★ゆずさん
ゆずさんも、優しい心のこもったコメントをありがとう!
太陽の下で今がシーズンの花とかを見たりして、のんびり過ごしてほしかったのですが
そうか、買い物に行きたい(何かしたい)って気持ちになってくれたんだもん、ヨシとしないとね。
確かに買い物かごの中は、植木鉢や園芸用の土なんかがあったので、
庭いじりでもしようって気になってくれたのかもしれません。
それに靴が欲しいってことはお散歩しようって思ったってことですもんね。
私、父が私の思った通りに行動しない=悲しみから抜ける努力をしていないって
単純に思ってしまいましたが、父なりに頑張ろうと思っているのかもって気がつきました。
ゆずさん、気がつかせてくれてありがとう(^-^)
** もも * 2010/05/06 6:35 PM *
                                
おお♪
いい父の日のプレゼントになったね♪
やっぱり、欲しいってものあげられるのが1番いいもんね♪
で、そのウォーキングシューズ履いて、またいっぱい
外に出てくれれば、かずぴんちゃんも嬉しいけどね。

少しずつ、少しずつだよ。
きっとお父さんもかずぴんちゃんには気づかんくらい少しずつ
前向きになっとられるのかもしれんよ。
かずぴんちゃんにはもどかしいかもだけど、ゆっくり、ゆっくりね♪
** ぽの * 2010/05/06 6:57 PM *
                                
そうなんですねー。
結構長く立ち直れずにいるんですね、と、思ってしまうのは
そういう状況を察することが出来ない私の冷たさ、なのかなぁ・・・と反省。。。
私も生かされている今のお父様の時間を
楽しんでもらいたいと思いました。

それにしても、早い父の日でしたね♪
でもすごくうれしかったと思いますよ〜!!
歩く人はいい靴を履くと気持ちが盛り上がりますもんね。
** かずぴん@管理人 * 2010/05/07 7:17 PM *
                                
★ももちゃん
ももちゃんも思いやりのある優しいコメントありがとねー♪
私が父にとってほしい行動(外に出るとか、旅行するとか、パチンコ行くとか)を
しない父を、落ち込んでばかりで前向きじゃないって思ってたんだけど
父は父なりに少しずつ努力しているのかも・・・ってみんなのコメント読ませてもらって思ったよ。
靴を履いてお散歩してくれるなら、ゆっくりだけどそれも大きな一歩だもんね(^^)
** かずぴん@管理人 * 2010/05/07 7:21 PM *
                                
★ぽのさん
いえいえ、私自身が父に対し「結構長く立ち直れずにいるな」と思っているので
冷たい娘だなって思っているんですよ(苦笑)実の娘ですらそうなんですから
他人のぽのさんがそう思われるのは冷たいってことではないと思います。
来月は実家に帰れそうもないので、早めの父の日で渡してしまいました(^^;;
この靴で外を歩いて少しづつ元気になってもらいたいです
** ポッち * 2010/05/09 2:11 PM *
                                
もうお母様が亡くなられて半年たったのですね。
でもやっぱり半年では、なかなか立ち直れないと思います。
特に男性の場合は女性より引きずると言いますしね…。
でもそれを心配されるかずぴんさんも、父親を思う娘として当然だと思います。
早く以前のような元気なお父様の姿を見たいですよね。
わかります!娘として親の元気な姿を願うのは当然ですよ☆
>どんなに悲しんでも母は生き返らないし、父はまだまだ生きていかなければならないのだから生きる喜びを見つける”努力”をして欲しい。
なんだかこの言葉、胸にしみます。
そうなんですよね、どんなに悲しいことがあっても、人はそれを乗り越えて生きていかなければならないんですよね。
自分の父をかずぴんさんのお父様の姿に重ねながら、早く元気になられるよう心からお祈りしています。
今回は、いい親孝行ができて良かったですね!
** かずぴん@管理人 * 2010/05/09 5:39 PM *
                                
★ポッちさん
優しいコメントをありがとうございます。
はい、早いものでもう半年です。半年ではやはり父の悲しみは浄化できないんでしょうか。
いつまでも落ち込んでいる父を見るのは本当に忍びないので、早く元気になってもらいたい。
だけど、私が気がつかない早さで父も少しずつ立ち直ろうとしているのかもしれないと
他の方のコメントを読ませていただいて気がつきました。
子育てママが自分の子供を他人の子供と比較し「まだうちの子は歩かない」って嘆くのと
私は同じことをしていたのかもしれません。まだ歩けなくても(完全に立ち直ってなくても)
ハイハイしたりつかまり立ちしたりはしていることを、見てないのと一緒。
父は父なりにつかまり立ちをし始めてくれたのかもしれないので、見守りたいと思いました。
父のこと心配して下さり、本当にありがとうございます。
 コメントする?
* この記事にまったく関係ないコメントは、管理人の判断で非表示または削除させていただく場合もございます
  なお記事には関係ないメッセージは直接メールをいただければお返事いたします






チェックを入れるとコメント欄の下にプレビューが表示されます

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

 この記事のトラックバックURL * トラックバックは管理人が承認するまで反映されません *
トラックバック機能は終了しました。
 この記事のトラックバック