<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< だから嫌いなの! | main | 【ロイズポテトチップチョコ・キャラメル味】今度はブラウン? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
アバター
一つ前の怒りにまかせた記事、
私の気持ちをちょっとでも理解して下さる方がいて、とても心強かったです。
怒り心頭でしたが、少し落ち着きました<(_ _)> ありがとうございます。

気分を変えるために、今日はレディースディだったこともあり
久しぶりにおひとり様で、アバターを3Dで観てきました。


アバター。
正直、公開された当初は全く興味ありませんでした。
コマーシャルで見たアバターとなるあの青い生き物も、
ちょっと見た目が私的には受け入れられなくて(苦笑)。

しかし公開後の評判もよく、
なにより映画を観た人の中に『アバター鬱』とか『アバター症候群』というような
現実逃避の症状や自殺を考える人もいるということを新聞やネットで知り、
そんなに感情移入できる映画なのかと、とても興味を持ち観たくなりました。

驚いたのは公開後ずいぶん経つのに、
そしてレディースディとはいえ平日なのに、劇場内の席が半分以上が埋まっていること。
アバターの人気の高さがうかがえます。

そして映画の3Dも初体験。
3Dだと映画料金のほかに¥300が加算されるんで観たことなかったんですが
この映画は3Dの映像があまりにリアルで美しいというので、初体験。

ところが、めがねの上から3Dメガネを着用してるためか、思ったほど3D効果を得られない。
それに3Dメガネをかけると全体が暗くなり(サングラスかけて映画みているようなもの)
細かい部分が見えにくく、特に字幕がとても読みづらかった。

私は洋画は吹き替え版があれば必ず吹き替え版を観るので
(字幕を追ってると文字を読むことに夢中になってしまい、映像をしっかり見られないため)
字幕の回数が少なかったからよかったけれど、
字幕版を観てる人で、メガネの人は文字を読むの大変だろうなって思いました。

さて肝心の映画の感想ですが・・・・確かによかった!

最初は人間側の立場で映画を観ていて、パンドラという惑星に住んでいる生物を怖いと
感じているのに、主人公と一緒にアバターに入りこみ原住民「ナヴィ」と時間を共に
過ごしていると、だんだん自分も「ナヴィ」の種族になった気がして、自分達の物欲のために
原住民の生活場所を武力で奪おうとする人間に憎しみを感じるようになるんですよね。

これは人間と他の惑星との戦争だけど、地球で行われている戦争はその縮図でしかなく
自分たちの物欲、利益のために平気で平和な生活を奪っていく。
この映画を観た人が、そういう世の中に嫌気がさすっていうのがわかる気がする。

そして物語的にも、主人公が簡単にアバターの世界に入りこむキッカケは
リアルでは車椅子を強いられているのに対し、アバターの世界では走ったり飛んだり、
つまりリアルの世界では出来ないことを経験できたからだと思うんだよね。

もしこれが、リアルでも普通に歩ける主人公だったとしたら、アバターの世界に
入りこむ速度がきっともっと緩やかだったんではないだろうか。

同じことがネットの世界のアバターにも言えるよね。
リアルでは無口で人見知りをしてしまう人がアバターの世界では違う自分になれる。
だからこれだけいろんなアバターが蔓延してるんでしょうね。
確かに現実の自分とは違う自分に仮想空間ででも慣れたら気持ちいいのかもしれない。
だけどそれはやっぱり仮想であり、映画と違いいつまでも仮想の世界にはいられない。

仮想の世界で得た快感とか達成感があるキッカケになって
リアルの世界に影響を及ぼすなら、それはとっても素敵なことだけど
仮想世界に居続けようと思うなら、それはとても危険な思想かなって思った。

あっ、なんだか長く難しい感想になりました。
とにかく、この映画、観て損はないと思います。そこから何を感じるかはそれぞれ。
くれぐれも鬱になりませんように・・・(笑) (評価:★★★★★)
* 21:51 * comments(4) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
スポンサーサイト
* 21:51 * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
 この記事へのコメント
** ミヤママ * 2010/02/11 4:18 PM *
                                
アバター。昨日の夕飯時の私たちの話題でした。
あまり期待していかない方がいいらしいとか。見ておくべきとか。今なお混んでいるらしい。とか。
私もかずぴんさんと同様 青い生き物。。。どうも観る気がしませんでした。そして今も「ん〜」って感じですがあまりに話題なので見ておくべきかななんて思っています。
私も映画・テレビを見る時はメガネをかけるのですが・・・字読むの大変ですかぁ。
終わらないうちに観なくっちゃッ!
** ポッち * 2010/02/11 10:42 PM *
                                
かずぴんさんも観られましたか〜!
ねっ、良かったでしょ!?
そうなんですよ〜、3D用のメガネ、みんなやっているようですが、途中で
ちょっとはずしてみると、画面が明るくて鮮明ですよね☆
まあ、それを前提として映像の方を明るく作っているんでしょうけどね^^;
青い生き物ナヴィも、最初はちょっと抵抗あるけどだんだん感情移入していきますよね♪
私的にはネイティリがとても美しくて綺麗に見えました(#^.^#)
仮想世界…かずぴんさんはやっぱり目のつけどころが違いますね!
確かにちょっと危機感を感じます。
アバター鬱とかアバター症候群てのがあるんですね…。知らなかったです。
** かずぴん@管理人 * 2010/02/14 1:09 AM *
                                
★ミヤママさん
>昨日の夕飯時の私たちの話題でした。
おっ、ミヤママさんにとってタイムリーな記事になったようですね^^
青い生き物、私も「ん〜」って状態でこの映画を見たので、ミヤママさんも大丈夫ですよ。
ストーリーがとても感情移入しやすく作ってあるので、楽しめると思います。
もし観に行かれたなら、感想ぜひ聞かせてくださいね!
** かずぴん@管理人 * 2010/02/14 1:22 AM *
                                
★ポッちさん
ポッちさんの記事を読ませてもらったときは、青い生物にも¥300の特別料金を払う
3Dにも興味がなかったんですが、世論に流され観てきました(^^;;
でも流されて正解でした。とっても楽しめました。
3Dメガネ、ふふふ、ポッちさんもはずしたりつけたりしました?
メガネかけると暗くなるので、それを計算して明るく作ってあるんでしょうね。
私はネイティリを美しいと思えるくらい感情移入はできなかったんですが
それでも最初は「怖い」って思えたナヴィが最後には「仲間」って思えました。
アバター鬱とかアバター症候群、新聞でも取り上げていましたよ。
もちろんネットで検索すれば、いろいろ情報が出てくるんですが、実際映画をみて、
そんな症状に陥る人が「続出」というのは、ちょっとオーバーすぎって感じました。
 コメントする?
* この記事にまったく関係ないコメントは、管理人の判断で非表示または削除させていただく場合もございます
  なお記事には関係ないメッセージは直接メールをいただければお返事いたします






チェックを入れるとコメント欄の下にプレビューが表示されます

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

 この記事のトラックバックURL * トラックバックは管理人が承認するまで反映されません *
トラックバック機能は終了しました。
 この記事のトラックバック