<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
リアル・スティール
今日は水曜日。そう、レディースデイ。

【リアル・スティール】を観てきました。

実は『ロボジー』を観ようと思っていたのですが、パソコンで席を予約できるので
パソコンを立ち上げたら『ロボジー』のチケットを買える時間が過ぎてしまっていて
『ロボジー』より10分遅れで始まる『リアル・スティール』がギリギリ予約できたので・・・

と、いっても仕方なく見たわけでなく『リアル・スティール』も観たいと思っていた映画だし
今週が最後の上映だというのでギリギリ観れてよかったって思ってます。

<<あらすじ>>
ヒュー・ジャックマン主演、「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。2020年、リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。プロボクサーからロボット格闘技の世界に身を転じたチャーリーは、スクラップ寸前のロボットを闇試合に出場させて一攫千金を夢見ていた。そんなある日、離婚のため離れて暮らしていた11歳の息子マックスを預かることになり、慣れない父子の共同生活が始まるが、廃工場で旧式ロボット「ATOM」を発見したことから2人の運命が大きく変わっていく。

この映画は伏せんがよく張られているなって感心しました。

まず、チャーリーが昔はプロボクサーであったこと。そして強かったこと。

息子マックスが廃工場で見つけた旧式ロボット「ATOM」に
見たものをそのまま真似するセンサーが搭載されていたこと。

その「ATOM」を手に入れる前にマックスの親権を譲って得たお金で買ったロボットに
リモコンでなく言葉でロボットを操作できる機能が搭載されていたこと。

その機能をマックスが「ATOM」に搭載させたこと。

そういう伏せんが絡み合って、最後のあの試合を勝利することができた。
いや、映画の中ではK.Oが成立しなくて判定で負けてるんですが、
リングの周りにいて試合を見ていた人も、映画を観てる人たちも勝ったのは「ATOM」だと疑わない。

相手をノックアウトしたときのチャーリーのアッパーパンチは最高にカッコよかった!!
思わず、拍手しちゃったほど(^^)

悪いロボットを叩きのめし、清々とした気持ちになり、
親子の愛情も復活したし、チャーリーもダメダメおやじから立ち直れたし
観ていて、清々しい気持ちになれた映画でした。(個人的おすすめ度 → ★★★★☆)

ただ・・・個人的なことですが、とある理由で(その理由は別記事で)
この映画の最中にトイレに行きたくなってしまい、どうしても我慢できなくて途中で席を外しました。

戻ってきても、ストーリーがつながったので困らなかったけれど、見逃した部分が気になります。

観た友達がいたので、その話をして「この部分、どんな内容だった?」って聞いたら
その人もトイレタイムがあったようで、その時間がなんと私と同じ部分なんだよね。

まったく・・・なんでトイレ行くかなぁ〜(笑)
それにトイレに行く人って滅多にいないと思うのに、どうして同じ時間くらいに行くかなぁ〜(笑)
* 04:13 * comments(0) * trackbacks(1) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
RAILWAYS〜愛を伝えられない大人たちへ〜
公開前は観る予定はなかったんですが、
テレビでの番宣を夫婦で観ていたらなんとなく観に行きたくなったのがこの映画です。

RAILWAYS〜愛を伝えられない大人たちへ〜

土曜日のレイトショーで観に行きましたが、想像どおり、周りは年配のカップルが多かったですね。
私たちも十分年配ですが、50代、60代の方が多く見られました。

意外だったのは、男性一人で観に来ている人も結構多かったこと。
この映画を観て、奥さんへの接し方とかを考え直したり、思ったりすることもあるんでしょうね。

映画を観て思ったのは、
夫婦で自分にとっての一大事を、相手に伝えないということが起きてしまった時点で
その夫婦はすれ違いが始まるのかなって思った。

映画の中では妻は、自分ががん検診で再検査になったことを夫に伝えずにいる。
そして再検査でガンでなかったことがわかってから、
娘にはその事実を告げているのに、やはり夫には話さない。

・・・私は、もうこの時点で夫婦として一緒にいる意味がないって思った。
というか、私には絶対に秘密にするってことができない。

そういう意味では
『夫婦で隠し事をしない』 『相手が何でも話やすい関係を築く』
っていうのが、私たち夫婦の子供がいなくても20年続いた円満の秘訣かなって思いました。

途中、夫が運転している電車で病人が発生し、その担当が看護師の妻だったとき
妻が急な崖をよじ登り、電車にいる病人の看病をしているところを夫が見たことが
この夫婦の転機だったように思う。

看護師という仕事をする妻を目の当たりにして
専業主婦だったという自分の身の回りをしてくれる妻という女ではなく
責任ある仕事を持つ自分と同じように社会で働いている一人の人間として観たときに
夫婦としてこれからの人生を歩んでいけることができるんだと思う。

観て、決して面白いっていう映画ではないけれど、冷めきった関係になってしまった夫婦は
ぜひ2人で観るといいと思います。 (個人的評価:★★★☆☆)

余談ですが、
看護師の妻が看護するおばあちゃんと妻との会話で
『夫と思うから腹が立つ。 ”お”じゃなくて”ペ”と思えばいい
             (おっと、でなく ペットってことです)』っていう言葉が印象的でした。

あと、”小田”役の”中尾明慶君の笑顔に癒されます。
* 00:01 * comments(4) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
ステキな金縛り
公開前から夫婦でずっと楽しみにしていた映画、『ステキな金縛り』を観てきました。

三谷幸喜監督の作品は、

面白い!

きっと面白いハズ!!

面白くなきゃ三谷幸喜じゃない!!

くらいの勢いで観てきたんですが、思ったほど面白くありませんでした。


いや、内容的にはよくできた話だと思いますヨ。
失敗続きで後のない弁護士が、この裁判を終えることで成長することを描いているし・・・

出演する俳優さんたちはどなたも主役級だし、
三谷幸喜ファミリーだしで、宣伝もすごいし、つい観たくなりますよね。


だけど、私は笑いたかったのだ!
お腹が痛いほど笑って、いろんな辛いことを忘れたかったのだ!

確かに劇場内も笑い出たり、私自身もクスッ!っとする部分もありましたが
(生瀬さん演ずる落ち武者ヘアーのタクシードライバーが最後まで笑えた^^)
思いっきり笑わせてくれる映画だとかいう評価を見ると、そーかなーって感じ。

もっと、大爆笑させてくれるんだと思ってたからなぁ〜
期待しすぎたんでしょうか・・・(´_`。)グスン

比較するのも何ですが、ひとつ前の三谷幸喜監督の作品『ザ・マジックアワー』の方が
何倍も面白かったと思います。

今回のこの作品ならテレビで放送されるまで待っても十分だと思います。
(個人的感想 → ★★ )
* 18:56 * comments(0) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
猿の惑星:創世記(ジェネシス)
久しぶりに、いい映画、面白いと思えた映画を観ました。

【猿の惑星:創世記(ジェネシス)】

ご存知、猿の惑星がどうしてできてしまったのかをみせる作品。
物語の設定に変な無理がなく、素直に映画の中に入っていけて、
観終わった後も、何か心に残すものがある、とてもいい作品でした。

私たち人間は”猿”というと、頭はいいけれど人間より劣るもの・・・というイメージがあります。
映画の中の”猿”は、チンパンジーやオラウータンやゴリラですが
それでも人間よりは下という無意識の評価があります。

それが・・・・人間の手によって”知恵”を授かったことで認知症の老人より賢くなり
それなのにペット扱いをされ、いや、収容所ではペット以下の扱いを受けることが
どれほど悲しく、つらかったでしょうか。

そして、頭がよくなっても仲間がいないということの悲しみ、弱さ。
同じチンパンジー達は、薬の作用がないので”本来の猿”で、何かをしたいと思っても何もできない。
ところが、研究所から薬を持ってきて猿たちに撒くことで猿の仲間も人間のような知能を持ち始める。

そして収容所を逃げ出し、人間と対決する。

知能は人間より低かった猿が人間、いや、それ以上の頭脳を持つことで
動物としてのチカラ(腕力)もあるし、武器を使っても人間は太刀打ちできない。

映画の中で主人公の猿『シーザー』が言葉を発する。

やめろ・・・

これほどゾクッっとしたことはない。
猿が言葉をしゃべる・・・人間に近づく・・・人間との差がなくなる・・・

しかし、それ以上に私がゾクッとしたのは
橋の上での人間と猿との戦いで、ゴリラがシーザーを守るために身を挺して
銃弾攻撃をしてくるヘリコプターに突撃するところ。

これって、いわゆる、自己犠牲 ですよね。

自分を犠牲にしてでも何かを守る・・・・そんな人間的な感情が
こんな短時間に猿(ゴリラ)から湧き出てこようとは!!

なんかシーザーが言葉を発したシーンよりゾクッ!ってしました。

うまく言えませんが、この映画は見ても損はしないと思います。
とても面白かったです。   ★★★★★
* 20:10 * comments(0) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
カーズ2
カーズ2】を観てきました。

えっ?かずぴん、子供いないでしょ?誰と? 弱冠49歳のダンナと観てきましたよ(笑)
”観たい♪”と公開される前から言ってたこともあり、今日は珍しく7時に帰ってきたので
夕食を食べてから観に行けるレイトショーを予約しました。(9時55分スタート^^;;)

子供が観る映画はレイトショーに限ります。
子供が笑ったりする声は別に気にならないのですが、中には泣き出したりする子もいるし。

泣き出した子供は何か機嫌が悪かったのか仕方ないのですが、私が信じられないのは
全員が全員とはいいませんが、その子供の親は泣かせたままで映画を観ていること。
その神経が信じられないです。(そういう方は家でDVDになってから観てほしい

映画は簡単に言えば、主役のマックイーンピーターの友情物語(^^)
車を擬人化しているんだけど、車にどうしても感情移入できない私はかなり冷静な目で観てたかも。

そんな私の個人的評価は ★★★ 
えっ?冷静な目で観てたわりには、評価は意外に高い?(^^;;;
その理由はこれからあきらかになります。

メーターの声がぐっさんこと山口智充さんということを知っていた私は、メーターのセリフに
ぐっさんの姿を探すんですが、まったく出てこない!ぐっさんの声優としてのうまさに感動。

ジプリなど本職の声優さんを使わず、俳優さん、女優さんを使うことが多いけど
どうしてもその人の顔が映画の画面からできてきちゃって、今一つで好きじゃありません。
だけど、メーターのぐっさんは、まったくぐっさんが出てこなくて、本当に上手でした。

で、今度は主役のマックィーンの声の方が気になってきて、家に帰ってから調べたんです。
そしたらかなり儲けもんでしたよ、これが。(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

えっ?何がって?
ネットで調べるとマックィーンの吹き替えは”土田大(つちだひろし)さん”って方が
やっていることがわかりまして、ぐっさん同様、芸人さんなのかと画像を探したんです。
そしたら・・・(ココをクリック)

     うんぎゃぁ〜
  爽やか系のメチャメチャいい男じゃん♪


声が素敵でこんなに美形な方もいるんだと知り、大感激いたしました。
土田大さんを知っただけでも、カーズ2を観に行ってよかったです(★1個追加)

あと、カーズ2はピクサー映画なので、本編の前に、トイストーリー3の短いストーリーを
観ることができるんですが(トイストーリ3の続き)、これは文句なしに可愛くてGOOD。
これだけでも、カーズ2を観に行ってよかったです(★1個追加)
* 23:50 * comments(6) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
アンダルシア〜女神の報酬〜
今日は映画をレイトショーで観てきました。 【アンダルシア 〜女神の報酬〜

私、織田裕二のファンで、彼が出る映画はほとんど全部、映画館で見るようにしています。
ですから、この作品も公開したらすぐ映画館で観ようと思っていたんですが
映画の日とか、¥1,000で観られるときは風邪をひいたり、
ダンナとのスケジュールがあわず、とうとう今日になってしまいました。

気がつけば公開は6月25日だから、すでに1ヶ月経ってる・・・
だから今更って感じもしますが、観たという記録のために記事にさせて下さいね。

公開初日から1〜2週間くらいは大きなスクリーンがある部屋で上映されるので
織田裕二の顔もアップで観られるから、本当は早く見たかったのに一ヶ月近く経つと
一番小さな部屋で上映されていて、なんだかなぁ〜

まぁ、15日からハリポタも上映されているし、いつまでもアンダルシアを
大きな部屋で上映しないのも仕方ないか・・・(^^;;;

さて、感想ですが、正直、よくわからなかったです。(爆)
何も考えずに観てても、ストーリーがわからないまま終わっちゃうだろうし
真剣に観ていると疲れちゃう・・・って感じ?

DVDになって、もう一度見ると良さがわかるのかもね。
* 23:08 * comments(10) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
パイレーツ・オブ・カリビア〜生命の泉〜
2月に頭の手術を受け4月下旬に退院してきたとき、入院中の担当医に

映画のようなピカピカするものは、てんかんを引き起こす要因になるので観ないでね
(以前、テレビでポケモンのアニメでてんかん起こした子供が結構いたじゃないですか。
 それと同じで、突然激しい光を見ると、てんかんが起こりやすいそうです)

と言われ、私はもう一生映画を見られないと思ってガッカリしていたんですが
今、月1で脳神経外科に通うようになって、その担当の先生に話をしたら(執刀医)

別にいいよ。映画みても

へっ?!いいんすか?!

ということで、本当に久しぶりに映画を見に行きました。
今、一番話題の映画といえば『パイレーツ・オブ・カリビア〜生命の泉〜

映画館では『3D』版だけでなく『IMAX 3D』版も上映されていて、
どうせなら迫力が違うと思われる『IMAX 3D』版で観賞することに。
(『IMAX(アイマックス)』とは・・・コチラをクリックして下さるとわかります) 

いつもだと映画は映画の日(1日)やレディースデイなど¥1000で見られる日か
ナイターで¥1200のどちらかで見ることが多いのですが、
この『IMAX 3D』版にはこの割引が効かない映画なので、いつみても同じだから
日曜日の昼間¥2200(うひゃぁ〜、いつもなら2本分だわ)×2人で観てきました。

感想は・・・・★★

観ておいてなんなんですが、私、アクション映画って好きじゃないと実感(笑)
話題になっているから、この映画は¥2200払ってもその価値があると思っていたけど
薄暗い画面の中で、海賊がカシャカシャと刀を振り回してるのを見ても「うーん」

『3D』
以前3Dで観た、アバター トイストーリー3、両方とも3Dの効果をあまり感じなかったので
今回こそ!!と期待しましたが、飛び出してきたのは剣くらい。
えっ?これでおしまい?!って感じで、今回もガッカリでした。

『IMAX』
うーん、とにかく音がうるさい。でかすぎって感じ。
大きければ迫力を感じることができると思っているのでしょうか?
だんだん音にも慣れてきて、最後の方は普通に感じられたけど、
アイマックスの売りである臨場感とかは、私は全く・・・・

よほどのことがない限り、定価でしか観られない『IMAX 3D』版は観ないと思います。
* 17:47 * comments(2) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
SPACE BATTLESHIP ヤマト
久しぶりに映画を観てきました。【SPACE BATTLESHIP ヤマト

そうです、公開前から(いえ、公開してからも?)賛否両論、いろいろな意見が飛び交ってる映画。
実は私、ヤマトの実写版が冬に公開されると知ってからも、ほとんど興味ありませんでした。

ヤマトのテレビアニメは見たことがなく(小学校6年か中1のころ)
古代進や森雪くらいは知ってますが、ヤマトの歌にある『地球を離れイスカンダルへ・・・』
っていうフレーズがありますが、なんでイスカンダルに行くのかも不明な状態です。

それに古代進がキムタク?森雪が黒木メイサ?・・・うーん・・・全く興味がわかない(笑)

しかし、ダンナがヤマトのど真ん中世代。
去年だか一昨年だか公開されたアニメのヤマト映画も一緒に見に行きましたよぉ〜
で、今回もダンナは絶対に見たいというので、19日の今日は東急の日ということで
109シネマでは¥1000で映画が観られるので行ってきました。

テレビコマーシャルで泣いたという人も多いので、ハンカチ片手に持って来場。
公開から約20日経ったからか、はたまたレイトショーの最終回だからか劇場は20人弱。

それでもはじまって見ると、想像よりは悪い出来でもなく、
ところどころ涙シーンもあり(私、しっかり泣きました^^;;)全体的にいい出来でしたね。

キムタクはキムタクを演じてましたが(爆)

ヤマトって古代進の人間としての成長の物語と、ヤマト乗組員の自己犠牲による地球滅亡回避。
それは実写でも忠実に表現されていて、軸がぶれていませんでした。
また観たいかといわれると、うーん・・・ですが、悪くはなかったかな。(★★★)
古代進をキムタクでなくて、私の好きな男優さんだったらもっと思い入れもあったかも(笑)

だけど、アニメの時代からヤマト大好きダンナの評価はかなり高かったです。
DVD買って、アニメと実写でどう違うのか比較したいと言ってましたヨ。
* 23:48 * comments(6) * trackbacks(0) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
TOY STORY 3(トイストーリー3)
ちょっと遅い記事になってしまいましたが、
土曜日、公開初日に観た【トイストーリー3】のことを記事にしようと思います。

トイストーリー3オトナから子供まで楽しめる映画を映画館で観ようとすると、子供の笑い声ならいいけれど、飽きてしまった子供の泣き声や叫び声、椅子を叩く音、それを注意せず平気で映画を楽しみ続ける親の姿など、過去に散々懲りた経験ある私。だから子供が見るような映画は子供がいない(と思われる)レイトショーで観ることに決めています。
今回もレイトショー。もちろん3D(^^)

こういうシーズンものって、残念ながら回を重ねるごとに面白くなくなるのがほとんど。
トイストーリーも1と2を比べたら1の方が、私は断然面白かった。
だから今回のトイストーリー3、正直、あまり期待してなかったんですが・・・・

いいっ!すごくいいっ!!
シリーズの中の一番の出来と言っても過言ではありません。(あくまで私の感想ですが)

おもちゃというのは小さい子供に遊ばれることが一番の幸せ。
だけど、子供はいつまでも子供ではいられないし、いつかはそのおもちゃと遊ばなくなる。
必ずおもちゃとの別れがある。

私たちはおもちゃに意思があると思っていないから、何事もなくそのおもちゃを捨てたりするけど
おもちゃが生きている目線でつくられた【トイストーリー】の世界では、
捨てられたおもちゃの悲しみが痛いほど伝わってきて、
ゴミ処理場で焼却されそうになり、それを覚悟したおもちゃたちがそれぞれ手をつないで
最後の時を受け入れようとしている場面では、思わず涙があふれ出してしまいました。
(結局は助かるんですけどね^^)

そして大学に行くため家を出るアンディ(おもちゃの持ち主)が、
一番最初から一緒にいるウッディ(カーボーイ人形)だけ大学に連れて行って
他のおもちゃを近くの女の子に渡しに行ったとき、ウッディが欲しいとねだられ、ためらい、
結局はあげるつもりのなかったウッディを(気持ちよく)女の子に渡すシーンがあるんだけど、
いくら子供のおもちゃとはいえ、そのおもちゃに思い入れがあればアンディのように
あげることに抵抗があり、ためらうだろうなって思った。

ウッディにとっても、アンディとそのまま一緒にいる幸せもあったかもしれないけれど
大学生になりオトナになっていくアンディにとってウッディはおもちゃではなく
コレクターアイテムのひとつになり、棚に飾られる人生になるんだろうな。

だけど、おもちゃにとっては棚に飾られるより(コレクターにコレクトされるより)
一緒に遊んでくれる子供といることが一番の幸せなんだと、
それがおもちゃのあるべき姿なんだと、当たり前のことに気がつかせてくれました。

私自身、昔、集めていたりかちゃん人形(ママもいたし、双子の妹もいたなぁ)を
私の承諾なく母が勝手に近所の女の子にあげたことを怒ったことがあり
この映画を観るまで「もったいないことをした」って思っていたんですが
そのりかちゃんが、他の女の子と遊ぶことで幸せになったならあげてよかったかなって(^^)

ウッディの声を担当した唐沢寿明が映画のパンフレットで
『この映画は観ないと損だと思いますよ。それくらい良いです』って言ってましたが
私も本当にそう思います。オススメします。

あと、3D。
アバターではじめて3D体験し、そのときは字幕だったので画面は暗いし、文字は読みにくいしで
3Dはもうイヤだって思ってたんですが、今回は吹き替えだったので3D画面を楽しむことができました。

DVD、きっと1〜3までセットになったのが販売されるだろうから、そしたら買おうっと!
繰り返し見たい映画のひとつです。(評価:★★★★★)
* 16:49 * comments(8) * trackbacks(1) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
踊る大捜査線〜THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ〜
踊る大捜査線織田裕二のファンである私は、このシリーズの最新作、楽しみにしていました(^^)

だったら初日に観に行けばいいのにって感じですが、いくらファンでも¥1800は高いので(←シビア^^;;;)近所の映画館が1本1000円で観られる今日、ダンナと一緒に観てきましたヨ

繰り返しになりますが、私、織田裕二の大ファンでございます。
織田裕二が大画面でドアップになるだけでも満足なんでございます。
カッコよかったなぁ〜織田裕二。
さすがに一作目から13年の月日が経ったとなると年齢を感じないわけにはいきませんが・・・・

えっ?!肝心の映画の内容?
うーん、正直 映画としての出来は今一つ だと思います。

随所にちりばめられる”踊る”の世界観。 シリーズ最初から観ている人にはたまらないし、
前作から7年も経つけれど7年の歳月がちゃんと映画の中にも流れてて違和感はありません。

お決まりのスリアミのやり取りも大爆笑。
とくに拳銃を盗まれ、記者会見に臨むやつれメイク。思い出し笑いしちゃいます。

あとは豪華キャストがみてて、爽快。
もう踊るの世界がちゃんと出来あがっていて、そこに昔からの出演している人と
今回はじめて登場した人物が違和感なく統合している感じ。

それからいかりやさんが演じた”和久さん”というキャラが、いかりやさんが亡くなった後も
ちゃんと作品内に影響を及ぼし、今回は甥までが出てくるんだもん。すごいよね。

ただ、映画としては今一つ。
この映画は”踊る”のファンが”踊る”の世界を楽しむのが目的なら面白い映画だと思いますが
ストーリーに厚みがなく、今までの踊るの中では残念な内容の1本だと思います。
期待が大きかった分もあるかもしれませんが、かなりのガッカリ感。残念です。(★★)
* 14:29 * comments(14) * trackbacks(1) *
ライン2
今、二つのランキングに参加しています ↓↓↓
ポチッ! していただけるとブログ更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
★☆★ 応援、ありがとうございました ★☆★
ライン2 
| 1/4PAGES | >>